当ショップとアイテムについて
ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、08年からこの地で生活をしています。

*詳しくは、トップページ森の彼方−トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

rss atom
ホーム ワークショップ Onlineワークショップ(第2日 シク村のアウトライン刺しゅう)
Onlineワークショップ(第2日 シク村のアウトライン刺しゅう)


フォークロアの宝庫であるトランシルヴァニア地方。

現地では手仕事の担い手が高齢化し、その存続が危ぶまれています。

このコロナ危機の中、お年寄りのおばあさんたちは

人々との交流の機会も失われている現状ですが、

現地のおばあさんたちを元気にしつつ、 私たちも手仕事のメッセージを受け取り、

お互いを活気づけるプロジェクト。

今回はカロタセグ地方とシク村、セーケイとバルツァシャーグ地方の村へ、ご案内いたします。

現地に15年在住の伝統手芸研究家が皆さまとトランシルヴァニアのおばあさんたちとの

橋渡しをして、皆さまに手仕事の素晴らしさをお伝えます。

こちらの企画も、今回で第4回を迎えることになります。


シク村のアウトライン刺しゅう(2日目)

トランシルヴァニア西部、山のふもとにひっそりとたたずむシク村。

ハンガリーでは言わずとも知れたフォークロアの宝庫。

アコーディオンプリーツの袖がふくらむシャツやブラウス、

黒と赤を基調をするシックな衣装は人々の手によって大切に受け継がれています。

この村に伝わる古い刺繍、アウトライン刺しゅう。

普通は輪郭をえがくアウトラインステッチで、面をびっしりと密に埋めていく刺しゅう。

手がかかるため、現在ではほとんど作られることがなくなりました。

しかし飾りベッドを彩るのは、アウトライン刺しゅうの赤です。

今回は村で一番の刺繍職人ジュジおばあさんをお招きして、

職人芸と呼ぶにふさわしい刺繍の技を見せていただきます。

制作するのは、モミの枝、またはロウソクと呼ばれる伝統図案です。

アウトライン刺繍の醍醐味である、ステッチの流れにより、

空白が浮き上がる部分に焦点を当てて、

アウトラインで面の埋め方、線の描き方、網目のようなクロスのステッチをご紹介いたします。


材料込みの場合、コットンファブリック約50×30僉⊃法▲ぁ璽蕁璽轡腑轡緲兒匹靴紊糸約50g

(赤、青のいずれか)をお選びいただけます。 1300円

刺繍枠を使いますので、各自ご用意ください。

図案を同封しますので、図案を写してご準備くださいませ。


4月16日(日)午後8時〜10時 (現地時間午後3時〜5時)

材料(布、イーラーショシュ用刺繍糸、針、刺繍枠(できれば20儖幣紂法


*資金の関係上、1つのWSにつき24名以上集まった時点で決行とさせていただきます。

最低募集人数24名さまが集まった時点(またはWS決行がほぼ確定した段階)で

こちらからご入金先のメールをお送りさせていただきます。

ご入金を確認しましたら、お申し込み完了となります。

*材料込みか、ご自身で用意される場合は材料なしをお選びください。

材料の発送は3月半ばごろを予定しております。

*図案はあらかじめメールにてお送りいたしますので、講習日までに布に写してください。

*材料は他にご注文が無ければレターパック(370円)でお送りします。

他のご注文と同封の場合は、発送方法が変わる場合がございます。

*参加者の方々にはZOOMミーティングをダウンロードしていただき、

それを通じてワークショップを行います。ワークショップの一週間前に一度テストをいたします。

*ワークショップの終了後、映像をお届けさせていただきますので

何度も見ながら刺繍をしていただけます。

*ご事情により、当日にワークショップに参加することができなかった方には、

返金の代わりに、当ショップでのみ使うことのできるクーポン券を配布させていただきますため、

ワークショップ前日までにメールにてご連絡くださいませ。

(その場合は、映像はお送りできませんので、どうぞご了承下さいませ。)
・ 型番
WS-2
・ 販売価格

2,500円(内税)

・ 購入数
・ 材料の有無
・ 色