当ショップとアイテムについて
ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、08年からこの地で生活をしています。

*詳しくは、トップページ森の彼方−トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

rss atom
ホーム ワークショップ 「第一回トランシルヴァニアから伝統刺繍を広めたい!」アーカイブ(カロタセグ地方ビーズ刺繍)
「第一回トランシルヴァニアから伝統刺繍を広めたい!」アーカイブ(カロタセグ地方ビーズ刺繍)


フォークロアの宝庫であるトランシルヴァニア地方。

現地では手仕事の担い手が高齢化し、その存続が危ぶまれています。

このコロナ危機の中、お年寄りのおばあさんたちは

人々との交流の機会も失われている現状ですが、

現地のおばあさんたちを元気にしつつ、 私たちも手仕事のメッセージを受け取り、

お互いを活気づけるプロジェクト。

2021年7月に行われたワークショップの編集映像に、

ボガールテルケ村のエルジおばあさんのインタビュー映像の特典が加わっています。
(映像約120分間)

カロタセグ、ナーダシュ地方では祝日の衣装が、

上から下まできらめくビーズと鮮やかな色彩で埋め尽くされます。

少女たちは白いビーズの冠パールタをかぶり、

少年たちは色とりどりのビーズでできた飾りボクレータを帽子につけて教会へ行きます。

日常を晴れやかな祝祭へと変えるビーズは、いつでも女性たちの憧れでした。

無限のアイデアと想像力であふれる、おばあさんのビーズの魔法。

さまざまな花や小鳥たちがひしめくように、

わずか8cm四方の中で永遠に朽ちず、輝きつづけます。

村で有名なビーズ刺繍職人、エルジおばあさんとともに

2時間で完成できる小さなサイズのブローチを作ります。

ビーズ刺繍の基礎から、縁の編み方、フリンジの作り方までお教えいたします。

オーバル型のサイズは横7兔庁記僂任后

普段は縁の飾りだけですが、今回はフリンジもつけます。

オーバル型の台紙に、7,8種類のビーズ、スパンコールセットの袋、

ビーズ用針に安全ピン、裏布をお付けします。1200円。


*材料込みか、ご自身で用意される場合は材料なしをお選びください。

*スマートレター(180円)でお送りします。

他のご注文と同封の場合は、発送方法が変わる場合がございます。


・ 型番
WS-2
・ 販売価格

2,000円(内税)

・ 購入数
・ 材料の有無
・ 色